新緑

診療案内

湿疹・皮膚炎

皮膚の外傷

皮膚感染症

慢性皮膚疾患

皮膚真菌症

レーザー照射療法

​主な皮膚疾患

アトピー性皮膚炎

湿疹が、全身または部分的に発生し、痒みを伴う疾患です。改善したり悪化したりを繰り返す特徴があります。

かぶれ

金属アレルギーや植物アレルギーなど物質が皮膚に接触することにより引き起こされる皮膚炎です。

とびひ

黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌などの細菌が原因で起こる皮膚感染症です。おもに小さいお子様にみられます。

ヘルペス

主に単純ヘルペスウイルスが原因で引きおこる皮膚感染症です。水ぶくれやただれなどが生じます。

水虫

人の皮膚を好むカビによる感染症です。皮膚の外側の層がむけたり、湿ってジュクジュクしたりします。

やけど

皮膚や口の中などの細胞や組織が強い熱にいより損傷する疾患の事です。

皮膚の表面が炎症を起こすことで生じる慢性の角化性病変の事をいいます。

その他、皮膚に関する事なら何でもお気軽にご相談ください。

あざ

皮膚レーザー照射療法

赤いあざや青黒いあざは、健康保険のレーザー治療で良くなる事があります。

太田母斑、外傷性刺青など健康保険が適応できます。適応となる限度が法律で決められていますのでご相談くだ さい。